肌にできたほくろは治療で取り除ける【ほくろ治療の一番いいところ】

それ病気かもよ

顔に触れる女性

早めに行動しよう

ほくろは付く位置や大きさによって、見た目の違和感になることがあります。ほくろの正体はメラニンを生む細胞、メラノサイトの集まりです。この細胞が太陽光による刺激を受けるとメラニンを分泌するのですが、密集のために狭い範囲に大量に分泌され、色素が強く浮き出てしまったものがほくろです。その下のメラノサイトは活動をしなくなるということはなく、時間が経つにつれて徐々に黒身を強くしていくため、治療したいのであれば早めに受けることがおすすめです。ほくろの治療法には、直接取る方法とレーザーによる除去があります。直接の方法はメスや専用器機を使い、患部を除去します。麻酔を使うので痛みはほとんどなく、傷跡もそんなに大きくありません。痛そうな治療を敬遠する人でも、安心して受けられます。対して、レーザー治療は医療用レーザーによる除去を行います。こちらは、厚みのあるほくろなどメラノサイトの影響が強いものでも綺麗に取れるメリットがあります。基本的にどれも保険は使えないのですが、医師が異常や悪性の可能性を認めた場合、緊急性があるとみなされて保険適用になることもあります。見た目だけでは詳しいことの判別はできないため、治療に医師の指導は必須と言えるでしょう。ほくろと一口に言っても、特徴に微妙な違いがあります。大きさはもちろん、陥没していたり堆積物のように膨らんでいたりと形状にも違いがあります。形が歪んでいるものや、周辺に内出血のような赤みがあるものもたまに見つかります。これが見つかった場合何らかの問題がある可能性が高いため、すぐに病院へ行きましょう。実は、ほくろとまったく同じ見た目のメラノーマという病気が存在します。転移する皮膚病の一種で、この可能性を放置するのはとても危険です。メラノーマと診断された場合は保険が適用され、治療費は安くなります。ほくろの特徴は治療の上で結構重要で、これによって最適な方法が変わります。小さいかつ形が綺麗な場合は、レーザー治療が向きます。負担が最小限で済み、かかる時間も短いためです。料金が低額になる条件であれば、費用も少なくて済みます。一方で、大きくなったものはくり抜きが推奨されます。この場合、負担を考えて時間をかけて少しずつ取っていくことになります。レーザーで一気にと考える人がいるかもしれませんが、皮膚の変質というリスクがあるため、かえって見た目が悪くなることがあります。色素沈着が薄い時は問題ないこともあるため、治療法のことは一度相談するといいでしょう。